なかちゃんのお仕事日記

七夕笹飾り設置<7月1日>


7月7日(火)午後3時より執り行われる「七夕まつり」に先立ち、7月1日(水)よりご本殿前に七夕の笹飾りが設置されました。

七夕の星空にとっておきの願いをかけようと6月7日(日)より、御社頭にて「七夕短冊」の授与を開始しております。

あなたの願いを短冊に託してみませんか??

みなさま、どうぞお越し下さい。


森戸大明神ホームページ
http://www16.ocn.ne.jp/~morito98/index.html

  1. 2009/07/03(金) 17:25:35

夏越の大祓<6月30日>




更新が遅れてしまいましたが、6月30日(火)午後5時より執り行われました「夏越の大祓」の様子を画像にてお伝えいたします。

私たちは、日常生活において知らぬ間に人を傷つけたり、罪を犯したり、穢れに触れたりしています。

6月と12月の晦に行われる「大祓」は、このような諸々の罪や穢れを祓い清めて、さわやかな気持ちで新たな日々を迎えられるように祈る行事です。

「人形(ひとがた)」で、身体をなでて息を吹きかけ、「切麻(きりぬさ)」でお祓いした後、この人形をみなさんの身代わりとして、大海原に流し罪穢をお祓い致します。

6月30日は、朝からあいにくの雨でしたが、夏越の大祓が始まる午後5時寸前にピタッと雨が止み、無事執り行うことができました。

古来より受け継がれるこの日本の伝統神事にご参列いただき、誠にありがとうございました。

今年も残り半年、心身ともに清浄にされまして、日々平穏無事にお過ごし下さい。








<人形(ひとがた)の祈念方法>
1. 人形へ氏名・生年月日を記入します。
2. ご自身の身体をこの人形で撫でてから、息を三度吹きかけます。
3. ご自身の罪穢れがこの人形に乗り移り、運気が上昇するよう祈念を込めます。
4. 大海原に流し、罪穢をお祓い致します。








<茅の輪くぐり>
古典(捨遺集)に「水無月の夏越の祓ひする人は、千年の齢延ぶといふなり」と記されているように、
古来よりこの輪をくぐると悪事災難から逃れられ、延命長寿になると言い伝えられています。
  1. 2009/07/03(金) 17:12:00
ページの先頭へ